【日本資本主義の父 渋沢栄一】

大河ドラマの主人公として、また、2024年に新しく1万円札の肖像画となることでも

話題の渋沢栄一。

幕末から昭和初期の変革期に、500以上の企業の設立に関わり、600以上の教育・社会

事業に携わったとされる渋沢栄一は、なぜこれほどの仕事を成し遂げられたのでしょうか。

渋沢栄一に関する本を読んで、彼の人生を読み解いてみませんか。

渋沢栄一の展示写真.JPG

【和紙のちぎり絵】

和紙ちぎり絵とは、日本の伝統文化である手すき和紙を素材とし、手でちぎって、のりで

貼り、絵として表現していく絵画をいいます。

和紙の風合いが、絵の具では表現できない微妙な雰囲気を醸し出せ、大げさな道具も必要

ないことから、あらゆる層に人気です。

何か新しいことにチャレンジしてみたい方、和紙ちぎり絵をはじめてみるのはいかがでし

ょう。

ちぎり絵制作の参考になる本も所蔵していますので、ご利用ください。

和紙のちぎり絵の展示写真2.JPG