体験①.jpg

2月16日(土曜日)に青年海外協力隊の活動や海外の文化や価値観を学ぶ県国際交流事業「地球体験キャラバン」がtetteにやってきがました。

県内在住の外国人や、発展途上国で活躍した国際協力機構(JICA)研修員と一緒に、体を使ってゲームをしたり、お互いにインタビューしたりなど交流を図りました。

参加した25名の小中学生のみなさんは、楽しみながらコミュニケーションをとり異文化を学びました。