市民活動サポートセンターは、市民活動団体やNPO法人で活動をしている人や、これから活動しようと考えている人の活動しやすい環境づくりをサポートするために活動しています。

サポートセンターの業務

活動の場の提供、活動情報の収集・提供、人材育成に関する各種講座の開催、ボランティア・市民活動の各種相談、助成金等の相談、NPO法人設立相談など、様々な市民活動に関する業務を行っています。

利用時間・休館日

サポートセンターを利用できる時間

午前9時から午後10時まで

相談ができる時間

午前9時から午後5時まで

サポートセンターからの情報発信

サポセンだより

サポートセンターには各団体のチラシや機関紙を配置するほか、サポートセンターの広報誌として「サポセンだより」を発行しています。(下記リンク「サポセンだより」よりご覧ください。)

サイト内リンク:「サポセンだより」

サポセンレポート

市民活動サポートセンターでは、市民活動団体の日々の活動の取材等も行っています。

ここでは、サポセンレポートとして、サポートセンター登録団体の活動の様子をお届けしています。

サイト内リンク:「サポセンレポート」

助成金情報

また、助成金情報の発信をしています。(下記リンク「助成金情報」をご覧ください。)

サイト内リンク:「助成金情報」

サポートセンターへの登録

サポートセンターを利用する市民活動団体は、次の条件により、市に登録することができます。

  1. 原則5人以上の者で組織されている団体
  2. 主に本市の区域内において、継続して市民活動を行う団体
  3. 主に政治、宗教、営利を目的とする活動を行う団体でない
  4. 主に趣味や団体内の親睦を目的とする活動を行う団体でない
  5. 主に地縁に基づく活動を行う団体でない

活動している団体

現在サポートセンターに登録している団体

令和元年12月現在70団体

添付ファイル:サポセン登録団体データベースR1.12.pdf

※活動団体を「健康福祉」「子どもの健全育成」「文化芸術とスポーツ」「ボランティア」「国際交流」の活動ジャンルに分類しています。

活動発表について

年に1回、各団体の活動の成果を一同に発表する、「サポセンフェスティバル」を開催しています。

踊りなどのステージ発表、展示室を用いた活動発表、ワークショップなど多岐にわたる内容で、多くの方に来場いただいています。

また、障がい者・障がい児への理解を深めるためのイベント「ふれあい祭り」を同時開催しています。

ダンス

にぎわう通り

ふれあい祭り

研修機会

年に数回、さまざまなジャンルで活動を支援する「サポセン講座」を開催します。

詳しくは、お知らせをご覧ください。